メディアの解析と操作

撮影した映像は、手振れやホワイトバランスの崩れなど、問題のある場合もあります。
Final Cut Pro Xは、これらの問題を解析して、修復などの手がかりを得ることができます。

クリップを解析する

イベントブラウザで、解析するファイルを選択後、右クリックしてコンテキストメニューから「解析と修復」を選択します。

fcp_analysis01.jpg

設定ダイアログで解析・修復項目を選択します。

fcp_analysis02.jpg

解析状況は、Commandキー+9で「バックグラウンドタスク」を開いて確認できます。

fcp_analysis03.jpg

メディアの読み込み時に「解析と修復」をチェックしてクリップを解析することもできます。

イベントの結合

イベントを整理するには、イベントを別のイベントにドラッグすることで一つにまとめることができます。

fcp_media01.jpg

イベントとは一つにまとめられて、ネストされることはありません。