カメラやIPhoneで撮影した映像の取り込み

カメラやiPhoneで撮影した映像を Final Cut Pro Xに、直接読み込んで編集することもできます。
iPhoneを例にして、取り込む方法を紹介します。

iPhomeとMacをLightningケーブルを使って接続し、正常に認識するようにします。
iTunesを起動する必要はありません。

「メディアの読み込み」を選択します。

fcp_device02.jpg

左メニューから「iPhone」を選択します。
(選択項目は、あなたがiPhoneで設定した名前になっています)

fcp_device01.jpg

一覧から読み込むファイルを選択して、右下のボタンを押します。
選択せずに全てを読み込む場合と、読み込むファイルを選択した場合は、ボタンの名前が異なります。

非常に時間がかかる場合がありますので、気長に待ちましょう。