クリップの操作

クリップのプレビュー

イベントブラウザのクリップを選択すると、ビューアにクリップが表示されます。

イベントブラウザのスキマーで連動表示することも、ビューアで再生することもできます。
スキマーでの連動表示が煩わしい場合は、「表示」メニューの「スキミング」を外せば停止できます。

プロジェクトのタイムラインにマウスカーソルが移動すると、ビューアの表示がプロジェクトの表示に変わります。
今見ている映像が、クリップなのかプロジェクトのタイムラインなのか間違えないように注意しましょう。

クリップの再生範囲設定

イベントブラウザのクリップを囲む黄色い枠を動かすことで、クリップの再生範囲を設定することができます。
黄色い枠の左右をドラッグして再生範囲を伸縮します。
また、その範囲を保ったまま移動することもできます。

「/」キーを押すと、設定範囲の最初から再生を開始します。

プロキシメディアを使用する

MacBookなどの軽量ノートタイプを使用している場合には、編集操作が重くなる場合があります。
そんな時は、プロキシメディアを使用することで、再生品質を落とす代わりにパフォーマンスを上げることができます。
書き出しの際には、オリジナルのメディアからエンコードされるため、書き出し品質が劣化することはありません。

「環境設定」を開き、読み込みタブのトランスコード「プロキシメディアを作成」にチェックします。

読み込み時にトランスコード「プロキシメディアを作成」にチェックがあれば、読み込みの際にバックグラウンドでプロキシメディアが作成されます。
チェックしないで読み込んだ場合は、クリップを選択して「ファイル」メニューかコンテキストメニューから「メディアをトランスコード」で作成します。

ロール編集

ロール編集は、シナリオの長さを変えないでカットの切り替えタイミングを変更する操作です。

マウスカーソルを「トリム」ツールに変更し、変更するカット位置をクリックします。
カット位置にカーソルを合わせて、ドラッグしてカットタイミングを移動します。

スリップ編集

スリップ編集は、シナリオ中のクリップの長さを変えないで、クリップの使用する映像を変更します。

マウスカーソルを「トリム」ツールに変更して、変更するクリップをクリックします。
クリップ上の任意の位置でドラッグして映像を変更します。
上記GIF画像のクリップの変化に注目してください。

スライド編集

スライド編集は、シナリオ中のクリップを変えないで、クリップのシナリオ上の位置を変更します。

マウスカーソルを「トリム」ツールに変更して、変更するクリップをクリックします。
クリップ上の任意の位置で[option]キーを押しながらドラッグしてクリップを移動します。
上記GIF画像のクリップの変化に注目してください。

クリップの置き換え

タイムライン上のクリップを別のクリップに置き換えるには、まず置き換えたいクリップを選択します。
そして、ライブラリから置き換えるクリップをドラッグして、置き換えたいクリップに重ねます。

fcp_clip09.jpg

置き換えたいクリップが白くなって、コンテキストメニューが表示されます。
コンテキストメニューから「置き換える」を選択します。

fcp_clip10.jpg

コンテキストメニューはそれぞれ次のような動作になります。

置き換える クリップを置き換えます。
シナリオの長さが、置き換えたクリップに合わせて伸縮します。
始点から置き換える 置き換えたいクリップの始点と置き換えるクリップの開始を合わせて置き換えます。
シナリオの長さは変わりません。
終点から置き換える 置き換えたいクリップの終点と置き換えるクリップの終了を合わせて置き換えます。
シナリオの長さは変わりません。