ビジネス民泊という選択

このところ、東京・大阪でのホテル不足はさらにひどくなってきて、急な出張などではホテルが取れない状況というのが日常になってきています。

じゃらんとか、楽天トラベルとかの有名予約サイトでは、早々に予約が取れなくなってきています。

穴場としては、JTBとか日本旅行とかの国内旅行会社のサイトで残ってたりすることがあります。
もしかすると、来日観光客が見落としてるといった理由かもしれませんね。

一人で行くなら、荷物を最小限にしてドミトリータイプのゲストハウスでもいいんですが、慣れてない人には、他にどんな人がいるのか不安だったりするかもしれません。

いきなり決まった時などは、日帰りを検討する方がかえって楽なこともあります。
夜行バスのシートも、結講良くなってきてますからね。

と悩んでいたら、先日国会では、ようやく民泊法案が通ったみたいですね。
楽天も民泊に進出するというニュースも流れてきました。

まだ民泊というと、「大丈夫なの」という印象も拭えないところですが、自治体レベルでは「公認民泊」というのもあるようで、自治体の認証を受けた個人や法人がホストをつとめる施設もあるようです。

施設自体も、自治体が定める安全基準などがあるようで、トラブルに対する保証制度などが準備されているとことも多いと聞きました。

とはいえ、「どうやって予約したらいいんだろう」と調べて見たら、Airbnbも日本語化されていたり、国内企業も民泊サービスの運営を始めているところが増えてきているようですね。

日本初を名乗っているのは、とまれる株式会社さんが運営する『STAY JAPAN』というサイトのようです。

>

大人数で泊まれる一軒家から、一人でも泊まれるマンションの1室で運営しているところまで色々なタイプがあるようで、見ているだけでもちょっと面白そうです。

ここは、365日24時間サポートがあるようですから、初めての民泊でもサポート体制が整っているようです。

これから、2020年に向けてますますホテルが取りにくい状況が増えてくるかもしれないので、今のうちに民泊体験を済ませておいて、これからのホテル不足に備えておくのも手かもしれません。

こういったサービスは、施設の清潔さやホストの人柄なども気になるところですが、運営会社が本人認証などもしていて、安全基準は自治体などが決めたものをクリアしているところだけを集めているのでまだ安心できるのではないでしょうか?

借りる人の方も、本人認証などが必要なようなので、貸す側にも安心感がありそうです。 ホストに興味がある人ものぞいて見てください。