MacBookを勝手にWi-Fiアクセスポイントに接続させないようにするには?

外出先でWi-Fiを利用しようとすると、いろんな「アクセスポイント」が表示されます。
アクセスポイントとは、Wi-FiでPCやスマホを中継する接続ポイントのことです。
最近では、店舗や駅・空港などで「公衆無線LAN」と呼ばれるアクセスポイントが提供されています。

さて、たくさんあると便利と思われがちなアクセスポイントですが、中にはセキュリティ対策が不十分なものがあります。
ひどいのになると、個人情報やアカウント情報などを盗むためのものなど、接続すると危険なアクセスポイントもあるようです。

また、自分は外ではWi-Fiを使わないから大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、Wi-FiをONのまま持ち歩いていると、勝手に電波を拾って接続していることもあります。
自分では気付かないうちに、自動的に危険なアクセスポイントに接続しているかもしれませんね。

とはいえ、外出時にいちいちWi-FiをOn-Offなんてしていられません。
大抵はそのままスルーして出かけてしまいます。

一度調べてみるとわかるのですが、電車に乗っていても線路周辺のWi-Fiを結構拾っているものです。
その中に「情報を盗むアクセスポイントがあったら?」と思うとゾッとしませんか?

というわけで、Wi-Fiを利用しているときは、どのアクセスポイントに接続しているのか、必ず確認するようにしてください。
また、仕事やネット銀行を利用するPCには、不用意にアクセスポイントに接続しないように設定しておく方が安心です。

具体的にどうするのかというと、

Macの場合。

「システム環境設定」の「ネットワーク環境設定」を開いて、「新しいネットワークに接続する前に確認」にチェックを入れます。
これで接続したことのないアクセスポイントに接続しようとするといちいちダイアログが開いて接続確認が出るようになります。

mac_wifi01.jpg

じつはこの設定にすると、移動中にMacを使っている時に、かなり頻繁に表示されることになります。(ものすごくウザい!)
なので、Wi-Fiに接続したくない時には、さっさとOffにすることができます。

難点は、Offにした後、再接続する時にOnにし忘れて焦ることですが、繋がらなければ気がついてOnにしますから問題はほぼありません。

外に持ち出すPCには、あまり重要なデータは入れてないかもしれませんが、どんな手がかりから情報が流出するかわかったものではありません。
自分が接続しているアクセスポイントの管理はセキュリティ上、とても重要です。
ちょっとの手間を惜しんで、リスクを無視することがないよう注意してください。

その手間が惜しい、またはそれでも心配だという人にはこちらをお勧めします。

シマンテックストア


MacBookは、比較的バッテリーの持ちが良いですが、やはり気兼ねなく使うにはモバイルバッテリがあると安心です。

個人的なおすすめは、「RAVPower RP-PB058」です。

rp-pb058.jpg

PD対応 Type-Cポート+2つのUSBポート容量RAVPower USB-C 26800mAh モバイルバッテリー ( PD対応 USB-Cケーブル付) MacBook Switch 等対応 RP-PB058で、Type-C (DC 5V/3A,9V/2A,15V/2A,20V/1.5A) とType-A (最大 5V/2.4A)の3ポートを持ち、MacBookとスマホやタブレット2台、合計3台を同時に充電できます。

発売当初は、PD対応の充電器もセッットだったんですが、今はPD対応 USB-Cケーブルが長さ違いで2本(40cm/80cm)付属に変わっています。

とは言え、重量が640gもあるので、荷物が重くなるのが欠点と言えば欠点ですね。

軽いほうがいいという人は、同じメーカーの「RAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリー RP-PB059」が、重量372gと格段に軽くなっているのでおすすめです。

rp-pb059.jpg

こちらは、USBハブの機能もあるので、MacBookにはこちらの方が周辺機器も接続できて便利かもしれません。