まだ、Windows7から乗り換えられないという人も多い中で、Microsoft Office 2007を現役で使っている人も多いと思います。

もっとも、Windows7自体は、2020年まで延長サポートが続くので問題ないのですが、Microsoft Office 2007の延長サポートが2017年10月10日(火)に終了するということはご存知ですか?

サポートが終了すると、セキュリティアップデートなどの必要な更新が受けられなくなり、様々なリスクが発生します。
仕事で使っている人は、信用問題になりかねませんね。

その点、Microsoft Office 365 Solo なら、常に最新版の Microsoft Office が、WindowsでもMacでも利用できる上に、1TBのオンラインストレージの「OneDrive」と月60分の世界中の携帯、固定電話につながるスカイプの通話利用権がついてきます。

Microsoft ID さえあれば、自由に使えるオンラインストレージが使えて、DoropBoxやEvernote などを個別に有料契約することなく、ファイルの動機や共有が、PCでもMacでも、またiPadやAndroidタブレットなどのデバイスを問わずに使うことができるようになります。

無料であれば、Googleドライブなどでも可能ではありますが、せっかくMicrosoft Office を使っているなら、この機能を使わないのは勿体無いと思いませんか?

しかも、もしかするとDropBoxの有料契約よりも安く済むかもしれません
なぜなら、Amazon でオンラインコードの1年版を購入すると、キャンペーンなら10%Offなどで手に入れることができるからです。

いまAmazonでは、サポートが終了する機会に新しいOfficeへの移行を検討している方にむけて、最新版Officeの買い替えキャンペーンを実施中です。
Microsoft Office 365 Solo のオンラインコード (1年版)が10%OFFになるクーポンパソコン本体とのまとめ買い無料コンテンツプレゼントなど、最新のMicrosoft Officeを手に入れるチャンスになっています。

Microsoft Office2007サポート終了 最新Office買い替えキャンペーン

PCを購入した時に同時に購入した「Office Premium」の更新も、更新用のオンラインコードが利用できることはご存知でしたか?

そういった更新用オンラインコードも、Amazonのキャンペーンを利用すると、割引価格で手に入れることができる場合もあります。

キャンペーン情報を見逃さないようにしましょう。